スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルルへドライブ2
2009年04月11日 (土) | 編集 |
穴倉宿を出てウルルを目指します。

ウルル2 州境
サウス・オーストラリア州とノーザン・テリトリー州との境の写真。
水分求めて集まるハエが凄い。
ウルル2 穴倉ホステルの裏階段
穴倉宿の裏階段。危ないから登る方向だけだよ、と注意されました。

ウルル2 大八車でスチュワートハイウェイを進む日本女性
受付近くにはってあった写真。
ボケちゃってますが、この荒野の道を手押し車で歩いて渡る日本女性の話・・・凄い。

ウルル2 インパネシェイド
日差しが強いのでダッシュボードにシェイドをかけています。

ウルル2 出発前整備
出発前に整備・・・故障にみえる。

ウルル2 パール掘りの穴
道路のすぐ脇には落ちたら死んじゃうオパール掘りの穴が沢山!

前日と違って車の数も多くて、キャンピングカーやオフロードカーが多いです。

そしてもちろんRoadTrainもいます。


追い抜く時に対向車が来ないか、直線で見通しがよいかどうか注意しないと。



路駐してますが、何台いるでしょうか。

あちーねみーと嘆きながらウルルまでの交差点に到着。
でもここから200キロはあるんですね。

ウルル2 給油
給油してウルルを目指します。
ガソリンが観光地値段で高い!

ウルル2 スタンドのテーブル
ガソリンスタンドに併設のショップのテーブル。
アボリジニアルアートの布がかけてあります。

気持ちを新たに出発。
しばらく走ると、人があつまっているので近づいてみました。

ウルル2 偽ウルル
みんな、ウルルだ!と写真撮ってます。
地図で見るともうちょっと先なんだけどなー。
ドイツ人が多いみたいです。

まだまだ走って時間は17時近く。
やっとちいさな町に出ました!
宿はとりあえず、先にすすみます。

ウルル2 本物!
ウルル!

ウルル2 R19とウルル
日の入りが美しいというサンセットポイントにて記念撮影。
でもまだまだ時間があるのでウルルを周ってきました。

ウルル2 鼻?
遠くで見ると山のようなのですが、近くで見るとやっぱり岩肌になってるんですね。
岩の上には登っている人たちが見えます。

ウルル2 アボリジナルインフォメーション
ふもとにはアボリジニの文化や生活を説明したインフォメーションがあります。
「ウルルに登ることをアボリジニはよく思っていません。でも観光料がアボリジニの生活のためになっている事実もあります」と。

ウルル2 サンセット待ち
サンセットポイントに戻って待ちます。
結構車があつまってますね。

ウルル2 白人待ってます。
ピックアップのリアで料理したり、
RVの屋根で日の入りを待っていたり・・・。

ウルル2 サンセットはオレンジにならず
みんなで待っていますが、この日はきれいな夕焼けになりませんでした。
きれいにオレンジになる日は年に数回だそうです。

ウルル2 宿
宿に戻ってカンガルーの料理やビールを飲んで寝ました。
関連記事
テーマ:ドライブ
ジャンル:車・バイク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ 無料
ブログパーツ 無料
ブログパーツ 無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。