スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルルへドライブ3
2009年04月12日 (日) | 編集 |
ウルルの隣にはカタジュタ(オルガ岩郡)があるので見に行きました。

ウルル3 カタジュタへ2
カーブごとの制限速度はこんな標識です。
背景の岩がカタジュタ。
ウルルはサンセットポイントのほかに、
日の出、サンライズポイントがあります。
宿を6時前に出てR19で急ぎます。
暗いうちからバスや車で多くの人が集まってました。

ウルル3 日の出ウルル
日が昇ってきたころ。
ウルル3 サンライズ2
白人さんたちは寒さにつよいのか、短パン+ビーサンです。
ウルル3 サンライズ3
綺麗に染まりました。

バスたちより先に出ないと遅くなるので、みんなより早くウルルを離れます。
ウルル3 ウルルからカタジュタへ
次はウルルの近くにあるカタジュタへ移動します。
100キロ/hくらいで走って30分ほど。

ウルル3 カタジュタへ1
カタジュタが見えてきました。多くの頭という意味らしいです。

ウルル3 カタジュタP
駐車場いるトラックたち。
荒野をずーっと眺めていると、RVやトラックがとてもカッコ良くみえます。

カタジュタには「風の谷」と呼ばれるところがあり、
沢山の巨大な岩の間を歩くことができます。

ウルル3 カタジュタ1
入り口ですね。
ウルル3 カタジュタ2
岩を削ったのか、ちょっと気持ち悪い道です。
30センチほどの石達があつまって大きな岩になっているのかもしれません。

ウルル3 カタジュタ3
ウルルと同じような表面。
ウルル3 カタジュタ6
日本の山道にはないような斜面を歩きます。
ウルル3 カタジュタ案内板2
ここからさらに歩けるのですが、あきらめて戻りました。
水を頻繁に飲むように警告があり、
喉の渇きを感じた頃には遅い、とガイドブックにあります。

ウルル3 カタジュタ警告板1ウルル3 カタジュタ警告板2
警告板もストレート。
ウルル3 カタジュタ緊急ラジオ
何かあったらラジオで伝えられるようですが、
入り口のは線が切れていました。

カタジュタを出て、一度宿へ戻ります。

ウルル3 西への道
途中にあったわき道。
これでオーストラリアの西へいけるようですが・・・。
完全にオフロードです。

宿で休憩と飲み物の調達をしました。
裏の丘にウルルとカタジュタを見渡せるポイントがあったので行ってきました。


↑に写ってる白人の少年!?が写真を撮ってくれました。
白人の年齢はよくわからない・・・。

ウルル3 アウトバック
また荒野を駆け抜けます。
木が多かったり、植物が違ったり、エリアによって風景は違うのですが、
基本的に砂と植物しかありません・・・。

ウルル3 サルサパリラ
途中のガソリンスタンドでかった飲み物。
サルサパリラ・・・非常に・・・不味い!!

ウルル3 牛に注意
これが大きな警告板。
動物に注意バージョンと牛に注意バージョンがあります。
なぜか日本語フォントが違います。



右折するRoadTrain。突っ込んだら危険。

この日の宿も行きと同じCoober Pedyなのですが、
やっぱり途中で日が落ちてしまいました。
ウルル3 ミラー風景
360度10キロ四方が見渡せる日の入りはなかなか綺麗で。

オパール掘り場があるおかげか、
動物に遭遇せずに宿に着きました。

ウルル3 ラム
夕飯のラム・・・多い・・・。
これで$11。安い!
関連記事
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ 無料
ブログパーツ 無料
ブログパーツ 無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。