スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤラ・バレー ワイナリー巡り
2009年04月15日 (水) | 編集 |
R19を借りて一人でワイナリー巡りしてきました。

ワイナリー巡り REDSHEDCAFE
メルボルンの北東にあるヤラ・バレーに向かいました。
この赤い建物はRED SHED CAFEの入り口にあったRED SHED。
でもお休みだったよ。

ワイナリー巡り お菓子
地図とお菓子を持って出発。

すぐに近所のガーデンショップに寄ってみました。
ワイナリー巡り ガーデンショップ入り口

オーストラリアは水不足が深刻な問題らしく、雨水貯蓄タンクをよく見かけます。
ワイナリー巡り ガーデンショップタンク
そのタンクを利用したポット?

ワイナリー巡り 植物達
これらは荒野ではワサワサでかいやつら・・・なはず。
ナウシカの菌糸類が清水じゃ小さいように人の手にあるうちはかわいいものだねぇ。

惚れそうになるほど綺麗なガーデンショップのお姉さんと軽くお話してワイナリーに向けて出発。

ワイナリー巡り コルトCC
コルトのクーペカブリオレですねー。

ところで、訪れたワイナリーは・・・
1、ドメーヌ・シャンドン
2、ドミニク・ポーテ
3、タラワラ・エスティト
4、イェリング・スティション
5、ヤラ・バレー・ディリー
ですっ。各サイトの写真の方が綺麗だからそれ見てください。

郊外へ1時間弱走っていると、建物が減って自然沢山なエリアに出ます。
もう北海道みたい。


↑のような道をひたすら進んで~。

ワイナリー巡り シャンドンブドウ
ドメーヌ・シャンドンに着きました。
ワイン好き、F1好きなら知ってるモエ・エ・シャンドンのお仲間みたいですよ。
観光名所として成り立っているらしく、なんだか色々お高い・・・。
価格はまぁまぁだけど態度がね・・・イヤ。
ワイナリー巡り シャンドン解説
日本語解説もあるよ。

ワイナリー巡り パンク
駐車場にもどったら、なんとパンクしてました。
オーストラリアでタイヤ交換する羽目に・・・。

ワイナリー巡り ポーテ内部
ちょっと沈んだ気分で次にドミニク・ポーテにきましたら、
ワイナリー巡り ポーテP
なんか駐車場のラインナップが素敵。
ワイナリー巡り ポーテペタンク
ペタンク広場もあったり、店内はフランス雑貨でいっぱいだし、
お姉さんは優しいし、良かったです。

ガソリンが少なかったので、インフォメーションセンターで
ガソリンスタンドの位置を教えてもらって給油。
ワイナリー巡り ガソリン
オクタン価表示してあるので95を入れました。

少し進むと、踏み切りがあって、
ワイナリー巡り オープン電車

、、、電車のオープンカー?
どっからどこまで行くのかわからないのですが、たぶん観光用。


ワイナリー巡り R19でリヤカー
そしてタラワラ・エスティトに着きました。

ワイナリー巡り タラワラ。建物
丘の上の城みたい。

↓中身


ここのソムリエのおじさんはとっても気さくで、色々教えてくれるし
見た目は細身なロッド・スチュワートでした。

次に向かったのはイェリング・スティション。

ワイナリー巡り イェリングの庭
庭が凄い。

ワイナリー巡り イェリングの大瓶
瓶の大きさも凄い。

ワイナリー巡り イェリングのティスティング
ティスティングのコーナーは人も沢山。

ワイナリー巡り イェリングのブドウ本
ブドウの品種の本もあって、ワインリストと見比べられるんですね。
比べてもわからないですが。

ワイナリー巡り ディリーのP
その後、ヤラ・バレー・ディリーでお土産のワインを買って、


ヤラ川の上流で釣り人に手をふって、帰りました。

ワイナリー巡り 事故目撃
ボルボはトヨタより強く、

ワイナリー巡り アルピンアフェア
ショップAFのステッカーのクリオも居て、
無事一人で帰り着きました。


この夜はシティの市場で買った”リワイン”を飲みました。

ワイナリー巡り リワイン
ボトルが空いたら、それを持って買いに行くと、
再充填して売ってくれるワイン屋です。
味は・・・まぁまぁでした。



関連記事
テーマ:ドライブ
ジャンル:車・バイク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ 無料
ブログパーツ 無料
ブログパーツ 無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。